薬剤部
 薬剤部長挨拶
      
  宮本整形外科病院
薬剤部長 清水 佳代
 
  はじめまして、薬剤部長の清水です。
  当院の薬剤部は7人のこじんまりした部署ですが、患者様に最新の医薬品情報を提供するだけでなく、きめ細やかな心配りにも留意して日々の業務に励んでいます。そして中小病院ならではのフットワークの軽さを活かして、様々な試みも実践しています。
  例えば、簡易懸濁法は提唱された直後から導入していますし、GFOも薬剤部から提案した事がきっかけとなり、感染や褥瘡対策に取り入れ成果をあげています。また、褥瘡に関して、当院ではラップ療法を早期から取り入れていますが、その準備段階から薬剤部も積極的に関与しています。
  現在の目標は、3年前から同行している院長回診時に、薬剤管理指導やTDM及び感染・NST等の情報を踏まえた処方介入が出来る体制を構築する事です。
  最後になりますが、当薬剤部に興味を持っていただける方の参加を切に希望します。

 薬剤部の理念
     
  (1)患者様には、わかりやすく正確な説明を行います。
  (2)薬剤部内においては、より高度な知識と技術の構築に努めます。
        
             

 業務概要
  薬剤部では、調剤はもちろん、薬剤管理指導や薬剤情報管理、チーム医療への参画など様々な業務を行っています。ここでは個々の業務の内容をご紹介します。ご覧になりたいものをクリックして下さい。
調剤業務 注射調剤
関連業務
薬剤管理
指導業務
医薬品
管理業務
チーム医療