リハビリテーション科
      外来では骨折、腰痛症、膝痛、首・肩の痛みなど主に整形外科疾患に対するリハビリを行っています。筋力トレーニング・ストレッチなどの運動療法から、電気・温熱・牽引といった物理療法などを用いて治療を行っています。
  入院では骨折(大腿骨頸部骨折・脊椎圧迫骨折など)や脊椎手術(脊椎管狭窄症・椎間板ヘルニアなど)後の方、また身体機能の低下した方などを対象にリハビリテーションを提供しています。
  リハビリでは、関節の可動域低下予防や改善、筋力低下の予防や改善、疼痛の改善、起き上がり、寝返り、座位、立位、車椅子やベッドへの移乗、歩行動作の獲得、バランス能力の向上等を目的に治療を行っていきます。
  病状に合わせて、トイレ動作、食事動作など日常生活に結びついた動作の練習も行います。また姿勢や動作に対してのアドバイスを行うことで退院後の日常生活動作自立を目指します。