看護部 


 総看護師長挨拶
     総看護師長:矢本 清美

  私たち看護部は、「患者様が安心して医療を受けることができるやさしい病院を目指す」という病院の理念に基づき、やさしく思いやりのある心で地域の患者様に看護の提供を行っています。
  地域の方々の、人としての尊厳や権利を尊重し、安全で安心出来る療養環境が提供できるよう自己研鑽に努め、患者様ご家族の方が「この病院でよかった」と満足していただけるような病院を目指しています。



  看護部 外来

  「安心は信頼から」という言葉があるように、私達外来部門は、患者様に信頼され選ばれる病院を目指しています。
  笑顔と声掛け、手のぬくもりをモットーに診療の介助や検査の実施、日常生活のアドバイスを行っています。
  ギプス固定の患者様には医師の計画の下で足浴や手浴を積極的に行い患者様が少しでも心地よいと思えるように努めています。
  これからの在宅生活でお困りのことがありましたら、解決していけるよう共に考えてゆきたいと思いますのでご相談下さい。



一般病棟(3階) 60床  一般病棟入院基本料10:1(20床:地域包括ケア病床)



  整形外科、内科の混合病棟です。
  急性期の看護、合併症の予防、苦痛の緩和に努め、より早い社会生活への復帰に向け支援しています。
  地域包括ケア病棟では急性期病院からのご紹介の患者様、またご自宅や施設で肺炎や店頭による骨折等の患者様をお受入します。治療とリハビリテーションを行い在宅復帰して頂く事を前提にスタッフ一同努めています。



療養病棟(2階) 50床 療養病棟入院料2



療養病棟の役割
  医療療養病棟は50床で、医療依存度が高く長期療養し看護・介護が必要な患者様が入院されています。療養病棟の存在は急性期の治療を終えた患者様の療養環境として病院・地域にとっても大切な役割を果たしています。

療養病棟の取り組み
  当院の療養病棟の特徴は脳血管障害・中心静脈栄養・経腸栄養・頻回な吸引・気管切開をされている方、また、難病等で、日常生活に介助が必要な患者様が入院されています。患者様の全身の観察、褥瘡防止、口腔ケア等に力を入れて取り組んでいます。
  また、人としての尊厳を尊重し患者様が安全で安心して心地よく生活してもらえるような看護・介護を提供できるよう日々努めています。